カテゴリー: 未分類

生まれました!!新しい家族(^^)

 

先月、4月21日に新しい家族、男の子が生まれました。

退院や準備、役所届出など色々と充実した予定でご報告が遅くなりますが、母子共に健康でなにより。予定日よりも1ヶ月近い早産でしたが、体重は2530gと保育器に入らなくて良いギリギリの線を攻めてくるなんて、親に似て随分とせっかちさんな赤ちゃんですね( ̄∇ ̄)なかなか強者です。

 

順調に成長中!

今も元気よくオギャーッ!!と泣いてミルクをおねだりしてきますが、もうすぐ2週間検診で体重も3000gを超えました。身体も一回り大きくなった様にも思え、新生児の成長速度には目を見張るものがあります。ちなみに私の場合は予定日よりも早く生まれましたが3720gとジャンボベビー!!母親からは「アンタを生むのには苦労した!!」と今でも文句言われ続けています(爆)

その体重にはまだ遠く及びませんが、はやく私よりも大きくなってほしいです(^皿^)

 

オリンピックイヤーのはずが・・・

言うまでもなく、新型コロナウィルスの影響で、今年開催される予定だった東京2020オリンピックが延期に。オリンピックイヤー生まれとなるはずでしたが、コロナベビー( ̄∇ ̄)になります。将来この子達はどの様な世代と呼ばれるのかは定かでないのですが、ともあれ無事に生まれてきてくれてありがとう!!と、感謝の気持ちでいっぱいです。

当然ですが、クラスターを出してなるものかと厳戒態勢で臨まれている中での出産です。その甲斐あってなのか、院内にいるという事は逆に安心できました。

 

感動的親子対面の定番シーン?

産科病棟はコロナで家族すら出産立会はおろか、全面的に面会禁止。産気づく嫁さんを病院に送った後は自宅待機。夕飯を食べながらゆっくりTVを見ている最中に、嫁さんからLINEが「ピロリン!!」っと、一枚の画像データを受信。

そこには可愛い我が息子の姿が!!って、LINEかよ!!

いかにも現代風のやりとりです。

夫は分娩室の隣で今か今かと待ち続け、オギャー!!という鳴き声を聞いた瞬間に感動の親子対面といった定番なシーン・・・ではなく文明の利器による通知で、少々寂しいものがありますが、これはこれで斬新でしょう。

この連絡を受けた瞬間、嫁さんのお義母様と一緒でしたが、新しい命誕生の喜びを二人で分かちあった事は言うまでもありません。

 

これから・・・

そうです!!これからが大変で、楽しみいっぱいな時期が始まるのです。

初めて生身で味わう親の気持ち、親バカな感情、子に対する愛情。親になってみないと分からない事が多々あります。

まだまだ親初心者ではありますが、親となる人皆が必ず通るべき道。そして、周りの家族親戚による温かい助けにより救われている事、今ある当たり前の「日常」に感謝の気持ちを忘れず、嫁さん息子と3人で乗り越えて行こうと思います!!

 

ありがとうございます。


ありがとう700系 俯瞰撮り

130mm F/4 1/4000秒 ISO-400
三河安城~名古屋

反逆光で撮ってもサマになるのが700系。

新幹線にありがちな「フェンス抜き」は、絞り値を解放に近付けての撮影なので、ピントワークがとてもシビアです!!


ありがとう700系 岐阜羽島

70-200mm F/6.3 1/100秒 ISO-6400
2020年2月19日 岐阜羽島駅

夜の通過列車駅取りは、ズーム流しで撮りましょう(^^)

いや、こう撮らざるを得ません。


700系新幹線 引退

100mm F/6.3 1/4000秒 ISO-800
2020年2月24日 岐阜羽島~米原

3月8日ラストランがコロナウィルスの影響により中止となり、結果的に先日の撮影がラストランとなってしまいました。

無理してでも撮影に出かけて良かった・・・。

これから当面、700系の思い出をアップしてゆきます。


ありがとう700系 3/1団臨

420mm F/10 1/2000秒 ISO-800
2020年3月1日 名古屋~三河安城

写真アップは初!!

ギャラリー40人位は来ていました。皆さんお疲れ様です(^^)



ありがとう700系 大府


300系浜工廃車回送


2015年2月25日 新疋田カーブにて動画撮影


OFFICE KANZAKI 始動!!

はじめまして!!優kanです(^皿^) 

令和元年6月26日

この度、OFFICE KANZAKIを開業いたしました!!

これは、このブログを運営する会社ではありますが、基本的にやっている事は今までと同じで、写真や記事などをアップしてゆきます。

以前より「優kanの写真館」を運営しておりましたが、引っ越しを致しまして、今後はこちらで更新をしてゆきます。

今後とも、私「優kan」をよろしくお願いいたします。